YES YES YES YES YES YES

トップページ > 最新号/NEWS

NEWS

特集

コロナ禍は変化のスピードを加速させたとよく言われるが、食のあり方にも大きな変化をもたらした。巣ごもり需要で家庭内喫食の頻度が高まり「内食」が増加した一方で、「外食」は営業時間短縮要請などコロナ禍によるマイナスの影響が直撃し、苦境に立たされている。このような中、量販店の惣菜などを中心に家庭の外で調理された食品を家庭内で食べる「中食」はどのような状況にあるのか。そのあり方を含め、注目度が高まっている。


詳細は「月刊 低温流通」で紹介しています。
ご興味のある方は、編集部(電話03-5816-4377)までご連絡ください。