YES YES YES YES YES YES

トップページ > 最新号/COLUMN

COLUMN

20年10月号

幅広い年代に楽しさを

「人気アニメのキャラクターの形をした成型ポテトはヒットしているが、6歳くらいで卒業してしまう。当社の新製品はその後の受け皿として小中学生に受け入れられるだけでなく、働く女性の弁当などにも利用していただけるのでは」と期待を寄せるのは、「ミニオンズポテト」を発売したライフフーズ取締役営業本部長の寺本裕明氏。
 ドイツの工場で製造しており、以前は欧州の大手ファストフード店でも販売されていたという。日本で作る商品はキャラクターの顔の形をしているものが多いが、これは全身というのも新鮮。映画同様、幅広い層に楽しさを提供できるか、注目したい。

‥‥‥‥‥‥(2020年10月号掲載)‥‥‥‥‥‥


19年12月号

再リニューアル

ローソンは春にPBをリニューアルし、パッケージを全面刷新した(写真左)。すると、「商品名がわかりにくい」という意見がネットを中心に拡散。そのことから、早くも8月に再リニューアルを行った(写真右)。
 あるローソン社員は「そんなに批判しなくてもとも思ったが、賛否両論あり、それだけ注目されている。意見を聞きながら、さらに磨いていきたい」と述べており、様々な意見に柔軟に対応しつつ、新PBの強化を図る。

‥‥‥‥‥‥(2020年9月号掲載)‥‥‥‥‥‥


19年11月号

見た目に楽しいコロッケ

コロッケメーカーのサンマルコ食品の直営店「COROMORE(コロモア)」に行ってみた。昨年11月にオープンしたばかりの商業施設「渋谷スクランブルスクエア」の地下2階にあり、渋谷駅直結のため入店しやすい。
 いろんなコロッケがあって見た目にも楽しい。中には1個800円以上のコロッケもあり、食べてみたかったが、さすがに手が出なかった。
 悩んだ末、6個セット(1300円)を購入。グリーンカレーのコロッケが本格的な辛さでおいしかった。

‥‥‥‥‥‥(2020年8月号掲載)‥‥‥‥‥‥


20年7月号

築地魚河岸も内食ニーズ

プロの仕入れ人が利用する築地魚河岸は、外食が休業を強いられた自粛期間中に大きな影響を受けた。外国人の入国禁止でインバウンド需要も消えた。
 ところが、巣ごもり需要はここにも及び、一般の買い物客が増加している。魚を調達し、自分で料理する内食ニーズが出てきたのだ。店舗によっては「プロより一般客への売上げが上回ったかも知れない」というところも。
 かつては「見物だけで買い上げはない」と疎んじられていた一般客だが、今はまるで救世主のよう。世の中どう変化するか分からない。

‥‥‥‥‥‥(2020年7月号掲載)‥‥‥‥‥‥


20年6月号

マスクの向こうに広がる闇

2月頃から店頭で見かけなくなったマスク。しかし、小社に近いアメ横では4月下旬あたりから50枚入った箱入りマスクが3000円ほどで大量に売られ始め、5月中旬の現在、投げ売りの様相を呈している。
 雑貨屋、洋服屋、料理店など売っている店は様々だが、売り方はどこもだいたい雑。これらのマスクが並ぶまでの経緯には様々な闇が感じられる。
 いずれにせよ、もうマスクの心配はいらないなと思っていたら、“アベノマスク”も届いた。これもまた、何かと闇を感じさせるマスクではある。

‥‥‥‥‥‥(2020年6月号掲載)‥‥‥‥‥‥


20年5月号

脱・脱プラ

スーパーの惣菜売場では、これまでバラ販売していた商品を、新型コロナウイルスの影響から個別包装して販売するようになった。焼き鳥も1本ずつ袋に入れられ、エコや脱プラという点では後退している。
 また、日本では7月からレジ袋が有料化され、エコバッグの使用を推奨しているが、海外では感染予防の観点からエコバッグの自粛を求めるところもあるという。
 エコが人類の課題であることは間違いないが、新型コロナも今は大きな問題。一時的な“脱・脱プラ”が必要になってくるのかもしれない。

‥‥‥‥‥‥(2020年5月号掲載) ‥‥‥‥‥‥


19年7月号

冷凍食品が品薄に

「冷凍食品が品薄になっている」。政府による休校要請があった週の土曜日、そんな話を聞きつけ、近所のスーパーの冷凍食品売場を覗いてみた。
 パスタやうどんなど、麺類を中心にかなり品薄となっていた(写真)。市民が巣ごもりすべく、保存のきく食品などを買いに走ったようで、冷食以外では即席麺や米も品薄状態だった。
 ただ、別のスーパーでは冷食がちゃんと並んでいたため、各店での一時的な現象のようだ。「ないない」とメディアが煽るのは、あまりよろしくないので、このぐらいにしておこう。

‥‥‥‥‥‥(2020年4月号掲載)‥‥‥‥‥‥


20年3月号

「本格炒め炒飯」が菓子売場に!?

ニチレイフーズとカルビーグループのジャパンフリトレーがコラボし、「特から」味のコーンスナック、「本格炒め炒飯」味のポップコーン、「焼おにぎり10個入」味のトルティーヤを発売する。見慣れたパッケージが菓子売場に並んでいるのを見れば、冷凍食品に馴染みのある人ならひと目でわかりそうだ。
 このコラボ、ジャパンフリトレーから声がかかったとのこと。家庭用商品部長の宮川浩幸氏は「冷凍食品をご存じないお客様への認知につながれば」と期待を寄せている。

‥‥‥‥‥‥(2020年3月号掲載)‥‥‥‥‥‥